交通事故

交通事故で整骨院だけの通院は避けるべき理由

交通事故による怪我は基本的に整形外科にかかるべきですが、むち打ちなどの痛みやしびれなどの症状が慢性化すると、その辛さを和らげるべく整骨院に通う人もいます。

病院での治療費はもちろん加害者に請求できますが、整骨院での施術費は治療費と同様に請求し、受け取ることができるのでしょうか?

今回は、交通事故による怪我の整骨院での治療について解説します。

1.「整形外科」と「整骨院」の違い

(1) 整形外科とは

まず、整形外科で診察や治療を行うのは「医師」です。

医師は「この怪我は交通事故で受傷したものである」という「診断書」を書くことができるという点で、他の医療系の資格と一線を画しています。

最終的に治療費を加害者側に請求したいのなら、整形外科で診断書を発行してもらうことが必要です。

(2) 整骨院

一方、交通事故の怪我、特にむち打ちなどの治療のために整骨院を利用している人は少なくありません。

整骨院での施術は医師ではなく「柔道整復師」が行います。
「柔道整復」とは、骨折や脱臼、捻挫などの運動器の損傷に対し、手術などをせずに手技によって整復や固定を行う治療のことです。

なお、「接骨院」も整骨院と同様、柔道整復師が治療を行っている施設です。

2.整骨院だけに通った場合の問題点

(1) 診断書が出ず治療費を受け取れない

まず、医師は法的に診断権があるので診断書を出せますが、柔道整復師は診断権がないので診断書を出すことができません。

すなわち、整骨院だけに行き続けると、その怪我が交通事故由来であることを証明できません。その結果、治療費を受け取れなくなってしまうリスクがあるのです

(2) 慰謝料を受け取れないリスクがある

交通事故で怪我を負った場合、治療費の他に「慰謝料」を請求することができます。

慰謝料とは、交通事故に遭ったことによる精神的苦痛に対する損害賠償のことです。
精神的苦痛の感じ方は人それぞれ異なるため、入院期間や通院日数によってある程度の基準が定められています。

通院日数が多いほど慰謝料の金額は上がります。しかし、整骨院への通院はその「通院日数」に参入されないこともあります。
医師からの指示がない整骨院での施術は、原則として通院としてカウントされないためです。

よって、治療費とは別に受け取れるはずの慰謝料(入通院慰謝料)を受け取れない可能性があります。

3.整骨院に通いたい場合はどうすべきか

とは言え、通いやすさや効果の点から、交通事故の怪我により整骨院に通いたいという方はいらっしゃるでしょう。

交通事故により、整骨院には絶対に通ってはいけないということはありません。
しかし、通う場合は以下の点に注意する必要があります。

(1) 最初は必ず整形外科を受診

整骨院へ行く・行かないに関わらず、交通事故で怪我をしたらまず整形外科を受診しましょう。
受診した際には、整形外科の医師に診断書を発行してもらってください。「交通事故による受傷」と書いてもらえるよう伝えるとなお良いでしょう。

これによって、事故から生じたケガであることを証明できることに繋がります。

診断書発行には治療費と別に費用がかかりますが、きちんとした手続を踏めば発行手数料も加害者側に請求できます。

交通事故の正当な治療費を加害者側に請求するには、この診断書が必要不可欠になります。

(2) 整骨院通いについて医師の許可を得る

交通事故で特に多い「むち打ち」などの場合、医師による固定や投薬の治療を受けたのち、筋肉をほぐすための治療を整骨院などで行う、というパターンは多くなっています。

整骨院へ通った方が症状も楽になると思うのであれば、そのように医師に伝え、通院の許可を得ましょう。
医師の許可のもとに整骨院へ通うと「治療」とされる可能性が高まり、、治療費請求の対象となるほか、通院日数としても数えられる可能性が増します。

明確な許可証や診断書への記載があるに越したことはありませんが、医師の診察の際に「整骨院へ行きたい」もしくは「行っている」ことを明確に医師に伝えましょう。ただし、同意されない場合には、整骨院の施術費が認められる可能性は相当少なくなります。そして、同意されない場合には、カルテ上に整骨院について同意しないなどの記載されていることが殆どでしょう。

したがって、医師から整骨院を紹介してもらうか、整骨院から医師を紹介してもらうことで、整骨院通院に関するリスクを減らすことができます。

(3) 整形外科の受診も並行して続ける

医師の許可を得て整骨院へ通うことになったとしても、並行してこまめに整形外科へ通いましょう。そうすることで、通院経過が診断書等医療記録上に残ることになります。つまり、怪我の回復状況を立証しやすくなります。

医師に経過を診てもらいつつ、適切な頻度で整骨院に通うことが、治療と医療費等請求の両方の側面から見て非常に大切なのです。

なお、ほとんどの整骨院は交通事故に対応していますが、保険の関係で交通事故について対応していない整骨院もありますので、施術前に確認しておくと安心です。

4.交通事故と整骨院利用についてのまとめ

整骨院での施術で症状が和らぎ、回復へ向かうことは往々にしてあります。
ただし、交通事故を原因とした症状で整骨院の利用を検討する場合、「基本は病院(整形外科)での医師による治療が大前提」であることを覚えておく必要があります。

自己判断での整骨院利用はNGです。昔はそんなことなかったと仰る方もいます。確かに、以前はそこまで厳しくなかったのですが、現在の裁判所の判断が厳しくなっています。その為、保険会社の対応を中心とした実務の対応も厳しくなっています。
事故後症状が出てきたらまずは整形外科を受診、その後経過を見て必要だと感じたら、医師と相談の上で整骨院へ行きましょう。

交通事故に関して困りごとがある場合は、医師や保険会社だけではなく、法律の専門家である弁護士へ相談することがお勧めです。

弁護士に対応を依頼すると、相手方保険会社との交渉などの手続を代理で行ってもらえるようになるため、怪我の治療に専念できるようになります。

交通事故に関するちょっとした疑問はもちろん、複雑な手続についても、弁護士は幅広く相談や依頼を受け付けています。
交通事故でお困りの方は、泉総合法律事務所の弁護士に是非ご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-580-506 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-580-506
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ