交通事故

死亡事故が多発中。埼玉県所沢市の交通事故事情と事故対策

死亡事故が多発中。埼玉県所沢市の交通事故事情と事故対策

埼玉県内では、他の都道府県に比べて非常に多くの交通事故が発生しています。埼玉県の平成29年度の交通事故死者数は177人で、全国ワースト2位という非常に残念な結果となりました。

今回は、その中でも所沢市ではどのような交通事故の傾向が見られるのか、平成23年度から平成27年度のデータを中心に探っていきたいと思います。

(出典:所沢市市民部交通安全課作成・第10次所沢市交通安全計画)

1.所沢市の交通事故発生状況

平成26年と平成27年の交通事故発生件数等の推移を比較してみると、人身事故発生件数、人身事故負傷者数、死者数、全ての項目において増加が見られます。

平成26年度平成26年度

  • 人身事故発生件数:1,422件
  • 人身事故負傷者数:1,706人
  • 交通事故死者数:3人

平成27年度

  • 人身事故発生件数:1,562件
  • 人身事故負傷者数:1,811人
  • 交通事故死者数:8人

ちなみに、平成24年から平成26年までは、これら全て減少傾向にあったので、平成27年に増加方向に転じたのは非常に遺憾なことでしょう。

平成29年度の交通事故死者数は3人だったため、死者数に関しては再び減少傾向に向かっているように思えましたが、平成30年度は、半年しか過ぎていない6月現在ですでに7人もの死者が出ており、所沢市の交通事故対策、特に死亡事故のような重大な交通事故対策には、これからもより一層力を入れて取り組んで行かなければなりません。

2.所沢市の交通事故死者構成率

(1) 年齢層別

平成23年から平成27年の5年間における所沢市の年齢層別の交通事故死者数と構成率は、以下の通りです。

年齢

交通事故死者数

構成率

15歳以下

0人

0%

16~24歳(若者)

2人

6.3%

25~29歳

2人

6.3%

30~39歳

3人

9.4%

40~49歳

5人

15.6%

50~59歳

4人

12.5%

60~64歳

5人

15.6%

65歳以上(高齢者)

11人

34.4%

所沢市で平成23年から平成27年の5年間に交通事故により亡くなった人の数は32人でした。

そのうち、65歳以上の高齢者の死者数は11人、60~64歳の死者数は5人で、60歳以上の死者数の割合がなんと全体の5割を占めていました。

日本全体に高齢化の波がきていますが、所沢市も例外ではなく、その所為か高齢者が犠牲となってしまう交通事故が多発しています。

(2) 事故状態別

次に、平成23年から平成27年の5年間における所沢市の事故状態別の交通事故死者数と構成率を見ていきたいと思います。

事故状態

交通事故死者数

構成率

歩行者

17人

53.1%

自転車

8人

25.0%

原付車

4人

12.5%

自動二輪車

2人

6.3%

四輪車

1人

3.1%

所沢市で平成23年から平成27年の5年間に交通事故により死亡した32人のうち、17人が歩行者でした。

警視庁の調査によると、平成29年中の交通死亡事故の状況は、歩行中に亡くなられた方は全国では約37%だったのに対し、所沢市では歩行中の事故が約53%と非常に高くなっています。

歩行中の事故が多いというのが、所沢市の交通死亡事故の特徴の一つでしょう。

また、2018年3月現在、埼玉県の県民一人あたりの自転車保有率は全国第1位であり、自転車乗車中の事故による死者数も8人と、自動車での死亡事故が多いのも埼玉県、そして所沢市の特徴と言えるのではないでしょうか。

(3) 道路形状別

道路形状

交通事故死者数

構成率

交差点

24人

75%

単路

8人

25%

所沢市において、平成23年から平成27年の5年間で、どのような場所での交通死亡事故が多かったかというと、交差点での事故が圧倒的に多く75%を占めていました。

交差点では、ドライバーは、信号、歩行者、対向車など、確認しなければならない項目が非常に多いです。また、近年、歩きながら携帯電話を操作している、いわゆる「歩きスマホ」をしているため手元しか見ていなかったり、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴き周りの音を遮断して交差点を渡ろうとしたりする歩行者も多く、交差点での事故が多発する要因となっています。

3.所沢市で交通事故が発生しやすい道路や交差点について

所沢市で交通事故の多い道路は、国道463号線です。

国道463号線は、所沢市を走る主要道路であり、非常に交通量が多いため、交通事故が多発しています。その中でも、国道463号線と市道が交わっている四差路交差点である宮本町交差点は、一見するとT字路に見えるため、事故が多く危険な交差点として知られています。ドン・キホーテの目の前にあるため交通量も多いのです。

また、北野新町一丁目、コスモ石油近くにある交差点は、国道463号線に細い道路が交わっていて、五差路のようになっており、視界も悪く、重傷交通事故も発生しています。

4.所沢市で交通事故による損害賠償請求をする場合の裁判所

交通事故に遭ってしまい、慰謝料を請求したい場合、示談交渉で和解することがほとんどですが、合意に至らなかった場合、裁判により損害賠償請求をすることになります。

所沢市で交通事故による損害賠償請求を行う場合は、以下の裁判所に訴訟の手続きをすることになります。

所沢簡易裁判所
〒359-0042 埼玉県所沢市並木6-1-4
04-2996-1801

 

さいたま地方裁判所川越支部
〒350-8531 埼玉県川越市宮下町2-1-3

5.交通事故被害者の方は泉総合法律事務所所沢支店へ

埼玉県は交通事故の発生率が多く、決して他人事ではないことを認識頂けたかと思います。

万が一埼玉県所沢市とその周辺で交通事故に遭い被害者となってしまった方は、治療に専念した上で正当な賠償金額を間違いなく受け取るために、早期から弁護士のアドバイスを受けることをおすすめします。

所沢市、入間市、狭山市ほか埼玉西部地域、西武線各線沿線で発生した交通事故に関しましては、泉総合法律事務所所沢支店の弁護士が、地域の道路交通事情にも精通しているため、実況見分の立会いや過失割合につきましても的確なアドバイスが可能です。

初回の相談は1時間無料となっておりますので、弁護士費用特約をお持ちでない方も、どうぞ安心してご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-580-506 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-580-506
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ