交通事故 [事例8]

異議申立にて後遺障害非該当から14級に認定、賠償金300万円超獲得

20代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、胸椎捻挫、腰椎捻挫等 300万円超

背景

車両同士の逆突事故の被害です。
Aさんは、従前交通事故をご依頼いただいていた方で、再度事故にあったとのことでまたご相談いただきました。

対応

当事務所にご依頼後、症状固定を待って後遺障害申請を行いましたが、自賠責保険の当初の判断は「非該当」でした。

しかし、首の痛み、右手の痺れについて医療照会を行い神経症状の推移が一貫していることと症状の改善がみられないことを主張し異議申し立てを行ったところ「非該当」との判断を覆すことができ、14級が認定されました。

結果

異議申立が成功し、後遺障害14級が認定されました。
また、後遺障害慰謝料を裁判基準満額、逸失利益5年、傷害慰謝料を裁判基準の9割獲得しました。

本件が、非該当のままでケガだけを前提とした場合、賠償金は90万円ほどですから、後遺障害が認められることによって3倍以上の額を獲得するという結果をもたらすことができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-580-506 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-580-506
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ