不倫慰謝料 [事例4]

慰謝料500万円を請求され、交渉で350万円にまで減額

60代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求された側 500万円 ⇒ 350万円に減額

背景

Aさんは、夫のいる職場の同僚女性と親しくなり、不貞行為を重ねてしまいました。
しかし、その事実を知った女性の夫から、慰謝料として500万円を支払うよう請求されてしまいました。
どのように対応すべきか困ってしまったAさんは、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんからご依頼を受け、すぐに相手方との減額交渉を開始しました。
しかし、相手方はかなり強硬な態度で、請求金額からの減額にはなかなか応じてくれず、交渉は容易には進みませんでした。
そこで、相手方に対し、こちらとしては訴訟で解決することも視野に入れていることを告げたところ、相手方としては訴訟には積極的ではなかったようで、段々と態度を軟化させていきました。

結果

話し合いで折り合いがつかない場合には訴訟の可能性があることを交渉材料とし、粘り強く交渉を続けたところ、相手方もある程度の減額に応じる姿勢をみせ始め、最終的には慰謝料として350万円を支払うという内容で、示談を成立させることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-580-506 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-580-506
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ